ここから本文です

“聖なる浜”に続く道…無許可で工事 宮古島で「老後を快適に過ごしたい」と

5/24(金) 5:35配信

沖縄タイムス

 沖縄県宮古島市平良大浦の通称「サギツ浜」と呼ばれる海岸や隣接する里道が約35メートルにわたり、県や市の許可を得ないまま違法に掘削工事されていたことが23日、分かった。海岸法や市の法定外公共物の管理条例に違反しており、県や市は原状回復を求めている。

【写真】「汚された」クレームに悩まされる宮古島の奇祭

 ■個人で公園を造る予定

 施工した男性(75)は沖縄タイムスの取材に「取得予定の土地の目の前にある海岸を清掃するため、重機が通れる道を造ろうとした。軽い気持ちで工事してしまい申し訳ない」と述べ、原状回復に向けた作業を同日始めた。

 男性は、東京都に本社がある会社の取締役で、宮古島に在住している。

 男性によると、工事を始めたのは1カ月ほど前。現場近くの土地を個人で取得して公園を造る予定で、海岸の漂着ごみなどを運び出す道を整備しようとしたという。

 パワーショベルで里道を掘り下げたほか、県管理の海岸も掘削してスロープを造った。削られたのり面は赤土が露出している。

 市は17日に住民から通報を受け、20日に現場を確認。男性に対して口頭で原状回復を求めた。

 ■赤土流出の懸念も

 県宮古保健所は工事区域が800平方メートル未満であることから、県赤土等流出防止条例の対象外とする一方で「沖縄地方は梅雨に入っており、赤土が海へ流れ出す恐れがある」と懸念を示した。同保健所も口頭で指導し、赤土流出防止対策を求めた。

 サギツ浜は年に一度、大漁祈願と航海安全を願う「インザニツ」を行う拝所でもあるという。大浦自治会の砂川保会長は「昔から集落で大切にしていた場所であり、景色が変わってしまって残念。早く元に戻してほしい」と訴えている。

 男性は「老後を快適に過ごしたいと安易に工事してしまい申し訳ない。行政の指示に従い、環境保全に配慮しながら原状に近い形に戻したい」と述べた。

最終更新:5/24(金) 10:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事