ここから本文です

芸人まーちゃん、がん経験を語る 「看護師さんのおかげで心に余裕」

5/24(金) 11:45配信

沖縄タイムス

 「看護の日式典」(主催・県、県看護協会)が18日、南風原町の県看護研修センターで開かれた。お笑い芸人のまーちゃん(本名・小波津正光さん)が「お笑い闘病日記」と題し講演したほか、長年にわたり献身的に看護業務に従事した看護師と助産師ら11人に功労者知事表彰が贈られた。

 まーちゃんは3年前に喉頭がんを患い県内の病院でがん治療を受けた経験を笑いを交えて振り返った。「心が荒んでいる患者に看護師が寄り添い、優しく包んでくれて心の余裕をつくってくれた」と感謝した。

 受賞者は次の通り。(敬称略)

 糸嶺京子(前琉球大学医学部付属病院)大城明枝(浦添看護学校)國吉友子(前琉球大学医学部付属病院)砂川早百合(那覇市保健所)澤岻治美(沖縄中央病院)塚田由美子(新垣病院)長間多惠子(大浜第二病院)村上とも子(琉球大学医学部保健学科)宮城清美(前県立北部病院)與儀とも子(県看護協会)吉村邦枝(前県立中部病院)

最終更新:5/24(金) 11:45
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事