ここから本文です

初戦で南米王者と価値あるドロー…影山監督「ゼロで終わるのは避けたかった」

5/24(金) 10:57配信

SOCCER KING

 U-20日本代表は、23日に行われたFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第1節で南米王者のU-20エクアドル代表と1-1で引き分けた。

 前半は相手に約70パーセントのポゼッションを許す厳しい展開となり、終了間際にはオウンゴールで先制点を献上。後半の立ち上がりにはハンドでPKを与えて窮地に陥ったが、ここはGK若原智哉が見事にストップした。これで勢いを得ると、68分に山田康太が同点ゴールを決めて、価値あるドローに持ち込んだ。

 影山雅永監督は試合後の会見で、「初戦で相手に勝ち点3を渡して、自分たちがゼロで終わるのは避けたかった」とドロー発進を評価したが、「エクアドルが『いいチームだぞ』というのを選手たちに強調しすぎて、前半のようなパフォーマンスになってしまったと反省している」と悔やんだ。

 後半のパフォーマンスについては「しっかりとボールを運び、相手のプレッシングを外しながらゴールに迫っていけた」と満足感を示し、「できることをしっかりとプレーする。最低限でも後半のようなプレーをして、そこからさらに精度を高めていくようなゲームをしていきたい」と切り替えた。

 次は26日に行われるメキシコ戦。指揮官は「中2日なので、我々のスタッフが全力でリカバリーの作業に入っている。相手のメキシコよりもコンディションで上回って第2戦をしっかり戦える準備をしたい」と意気込んだ。

SOCCER KING

最終更新:5/24(金) 10:57
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事