ここから本文です

ゴールドマンの信用トレーダーがCDSで裏目、石油会社破綻で損失

5/24(金) 3:18配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 油田サービス会社ウェザーフォード・インターナショナルが5月に破産法の申請方針を突如決定し、同社に関連したデリバティブ取引で確実に利益が出ると見込んでいたゴールドマン・サックス・グループのトレーダーらに不意打ちを食らわせた。

事情について知る複数の関係者によれば、ゴールドマンのクレジットトレーダーらはウェザーフォードに関して、中長期的な見通しは依然厳しいとしつつ、短期的に破綻を回避すれば利益が得られるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引を通じポジションを組んでいた。

だがウェザーフォードが破産法申請を決めたことで、このデリバティブ取引はゴールドマンに損失をもたらす可能性が高い。ただ関係者によると、同取引の損失はレバレッジド・ファイナンス・トレーディングチームにとっては大きかったが、トレーディング部門全体への影響は限定的なものにとどまる見通しだ。関係者らは、具体的な数字には触れずに語った。

今回のケースでは、トレーダーらはウェザーフォードが向こう1年間は破綻を回避するとの予想を基に短期のCDSを売却する一方、最終的に破綻した場合に利益を得られるよう中長期のデリバティブを購入していた。

ゴールドマンの広報担当はコメントを控えた。

原題:Goldman Credit Traders Slip Up in Oil Company’s Surprise Bust(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Sridhar Natarajan, Claire Boston

最終更新:5/24(金) 3:18
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事