ここから本文です

立正大1部躍進の象徴、浦和ユース出身DF中塩が甲府内定!!「サポーターの皆様に認められるように」

5/24(金) 15:39配信

ゲキサカ

 ヴァンフォーレ甲府は24日、立正大DF中塩大貴(21)が来季から新たに加入することが決まったと発表した。同大学では4年次の今季、主将を務めている。

 埼玉県出身の中塩は中学時代から浦和レッズのアカデミーで育ち、浦和ユースではJユースカップ制覇などに貢献。大学進学後はチームの躍進に貢献し、今季は創部初の1部リーグを戦っている。

 中塩はクラブを通じて「このヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることにとても感謝しております。私が一人の人間として成長していく上で育ててくれた家族や友人、指導者の方々がいなければ私はプロとしてスタートすることは出来なかったです。 この方々に恩返しをすると同時に、甲府のファン・サポーターの皆様に認められるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

●DF中塩大貴
(なかしお・だいき)
■生年月日
1997年6月8日(21歳)
■出身地
埼玉県
■身長/体重
181cm/67kg
■血液型
A型
■利き足

■経歴
浦和Jrユース-浦和ユース-立正大

最終更新:5/24(金) 15:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事