ここから本文です

Lブランズ株急伸、09年以来の大幅高-決算好調で安心感広がる

5/24(金) 10:05配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 23日の米株式市場で、「ビクトリアズ・シークレット」や「バス・アンド・ボディワークス」を傘下に抱えるLブランズの株価が反発し、13%高で終了した。終値ベースで2009年以来の大きな上げ。2-4月(第1四半期)決算が予想を上回り、経営陣が20年1月通期の利益見通しのレンジ下限を引き上げたことを受けた。

22日の取引終了時点で、Lブランズ株は今年に入り16%下落していた。この年初来値下がり率はS&P500種小売株指数の構成銘柄中、百貨店のメーシーズとノードストロム、コールズ、アパレルメーカーのギャップに次ぐ5番目の大きさだった。

Lブランズは通期の1株利益が2.30-2.60ドルになると予測。レンジ中央値はアナリストの予想平均(2.39ドル)を上回った。従来の見通しは2.20-2.60ドルだった。2-4月期の1株利益は14セント、純売上高は26億3000万ドル(約2900億円)と、いずれも市場予想(収支とんとん、25億6000万ドル)を上回った。

原題:Victoria’s Secret Owner’s Results Give Street Some Relief (1)、CORRECT: LB FY EPS View Midpoint Beats Est.; Shares Rise 12.8% (抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Janet Freund

最終更新:5/24(金) 10:05
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事