ここから本文です

東京ディズニーシーの新テーマポート“ファンタジースプリングス”には『アナ雪』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』題材のエリアが登場【開業は2022年目標】

5/25(土) 9:02配信

ファミ通.com

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは2019年5月21日、2022年にオープン予定の“東京ディズニーシー 大規模拡張プロジェクト”の起工式とお披露目セレモニーを開催した。
起工式、セレモニーにはロバート・A・アイガーCEOのほか、ミッキーマウス、ミニーマウスも駆けつけ、プロジェクトをお祝い
 開発予定地に設けられた会場で行われた起工式では、関係者約70名が列席する中、厳かに工事の安全を祈願した。


 続いて、同じく開発予定地に設けられたステージにて、新テーマポートの名称をお披露目するセレモニーが実施。セレモニーでは、新しいテーマポートの名称“ファンタジースプリングス”が発表され、ミッキーマウス、ミニーマウスも会場に駆けつけ、プロジェクトのスタートをお祝いした。同プロジェクトは、東京ディズニーシーを拡張し、3つのエリアとディズニーホテルを有する8番目のテーマポートを新たに開発するものとのこと。


 セレモニー登壇者のスピーチ内容は、以下の通り。
●株式会社オリエンタルランド 代表取締役会長(兼)CEO 加賀見俊夫
 このテーマポートに新設される4つのアトラクションと3つのレストラン、1つのショップ、そしてディズニーホテルはすべて、このプロジェクトのために開発され、世界中で東京ディズニーシーだけでしか体験することのできないものとなります。

 本年7月23日オープン予定の“ソアリン:ファンタスティック・フライト”、2020年春の“東京ディズニーランド大規模開発”、2021年度のディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマにしたディズニーホテルの開業を経て、新たなテーマポートが開業する2022年度には、ゲストの“体験価値”が飛躍的に向上し、より素晴らしいリゾートとなるでしょう。
●ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEO ロバート・A・アイガー
 This is an incredibly special place, and we’re extremely excited to be adding magic to this world of fantasy and wonder with the addition of the new themed port and hotel.

 We can’t wait for our guests to visit Frozen’s enchanted kingdom of Arendelle…. stand beside Rapunzel’s tower in the Tangled forest…. and fly over Neverland.

 We continue to push the boundaries of creativity, innovation and imagination, always striving to take the guest experience to the next level -- and that’s exactly what we expect to accomplish with the expansion of Tokyo DisneySea. We look forward to families and friends coming here, having fun together and creating even more lasting, wonderful memories.

訳)
 夢と感動があふれるこの特別な世界に誕生する新しいテーマポートとホテルが一層の魔法をかけてくれることを期待しワクワクしております。ゲストが『アナと雪の女王』のアレンデール王国を訪れ、森にたたずむラプンツェルの塔に触れ、ネバーランドの空を飛ぶ日が今から待ち遠しいです。

 クリエイティビティ、革新性、想像力の限界に常に挑戦し、さらに面白いゲスト体験を目指してきた姿勢を東京ディズニーシーの拡張においても貫き通します。皆様が家族や友人とともに楽しみ、一生残る最高の思い出を作っていただける場所にしていきます。 
新テーマポート“ファンタジースプリングス”の全貌が明らかに!
 新テレポートの名称が“ファンタジースプリングス”が発表されるとともに、その全貌も公開された。
 
 “ファンタジースプリングス”は、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマに、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリア、そして新たなディズニーホテルを有する8番目のテーマポート。東京ディズニーシー開業以来最大の面積を誇る同テーマポートには、セレモニーに参加した加賀見氏のスピーチでも触れられたとおり、4つの新アトラクションと3つのレストラン、ひとつのショップ、そしてディズニーホテルがオープンされる。


 “ファンタジースプリングス”に足を踏み入れると、魔法の水が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へと誘われていく。


 その先には、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の3つのエリアが広がり、それぞれの物語をアトラクションやレストランなどで体感することができる。


 また、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルがパーク内に位置し、泉を臨むようにそびえ立っている。


【今後導入や開業を予定している施設・エリア】
パーク:東京ディズニーシー
内容:大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」
時期:2019年7月23日

パーク:東京ディズニーランド
内容:東京ディズニーランド新立体駐車場
時期:2019年7月(予定)

パーク:東京ディズニーランド
内容:東京ディズニーランド大規模開発
・ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリア
・「ファンタジーランド・フォレストシアター」
・「ベイマックスのハッピーライド」
・「ミニーのスタイルスタジオ」
時期:2020年春(予定)

パーク:東京ディズニーリゾート内
内容:ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとした新ディズニーホテル
時期:2021年度(予定)

最終更新:5/25(土) 9:02
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事