ここから本文です

「なぜか他人を怒らせてしまう人」のための自己防衛術

5/25(土) 9:40配信

ITmedia ビジネスオンライン

 ネットで文章を書き続けられるのは、「人の怒りについて、鈍感であるから」と前に言われたことがある。

 ――そうかもしれない。率直さが、人を怒らせてしまうのはなんとなく知っていた。

 実際、書いている文章が読まれると、称賛していただくこともあるが、それ以上に辛辣な無数の非難が、自分をめがけて飛んでくる。

「ばか」「死ね」「許せない」「浅い」……

 これを見た知人から、「炎上してたね」「へこまなかった?」と言われた。「よく書き続けられるね。『ばか』って言われたら、普通、二度と書きたくなくなると思う」とも。

 どうだろうか。正直に言った。――「人が何を思うかは自由だし、思ったところで、自分には関係ない」と。

 すると、その方は言った。「そうなんだ。人の怒りに鈍感なんだね」。

 ――そういえばそうだった。それは、社会人になったとき、最初に苦労したことだった。

リアルな場では「怒らせないノウハウ」が必要

 ネット上では、人の怒りは簡単に無視できるし、目に入らないようにするのも簡単だ。実害はない。

 だが、「リアル」の場では、人の怒りについて鈍感であるわけにはいかなかった。先輩や上司たちを怒らせてしまうような人間には、仕事は回ってこず、仕事を教えてもらうことすらできない。リアルワールドでは、実害があるのだ。

 ただし、自分が怒りに鈍感な振る舞いをするのは、意図したことではなく、無意識であった。同僚や部下が怒っていても、ほとんど気にならず、行き過ぎてひどく叱られてはじめて、「ああ、この人怒っていたんだな」と気付くこともしばしばだった。

 仕事は、それでは困る。仕事は、相手が動いてくれてはじめて、自分も成果を上げることができるのである。だから、「相手を怒らせないノウハウ」が必要だった。

 幸い、観察と慎重さによって、いくつかの有用と思われるパターンが見つかった。これらは、「無意識に人を怒らせてしまう人のための自己防衛術」だ。

 人が怒るのには、ほぼ同一のパターンがあり、その地雷を踏まなければなんとかなる。リアルな場では、ひたすらそれを踏まないようにする。

 逆に、ネットでは、そういったことを気にせずに、率直に書く。それで、だいぶ生活は平和になった。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 9:40
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事