ここから本文です

(ひもとく)ブラックホール 芸術性おびる「穴」への挑戦 須藤靖

5/25(土) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 真っ暗闇の撮影や、静寂の録音は不可能だ。録音テープを聞いただけでは、「何もない」と「無音の物体が実在する」を区別することはできない。これと同様に、光を出さないとされるブラックホールの写真撮影などできるはずはなさそうだ。
 その不可能な偉業を成し遂げたのが、17の国・地域からなるEHT(事象の地平線望遠鏡)研究チーム。世界中の電波望遠鏡8台を繋(つな)いで地球サイズの一つの望遠鏡とすることで、約5千万光年先の楕円(だえん)銀河M87の中心にある太陽の60億倍もの質量の巨大ブラックホールを観測した。

 ■分野越え共同で
 4月10日に公開された画像の中心部には、ドーナッツ状の光に包まれた文字通りブラックホールの「黒い穴」が空いている。…… 本文:1,542文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/25(土) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事