ここから本文です

スンス・ハンが首位で最終日へ 中西直人は2打差3位、今平周吾は5打差5位

5/25(土) 15:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<関西オープン 3日目◇25日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>

アップダウンが激しいコースだからこそ見せた幻想的な一枚【写真】

国内男子ツアー「関西オープン」は3日目の競技が終了。トータル15アンダーまで伸ばしたスンス・ハン(米国)がトップに立っている。

1打差の2位にH・W・リュー(韓国)、トータル13アンダーの3位に中西直人。トータル12アンダーの4位に大槻智春が続いている。

昨季の賞金王で「全米プロゴルフ選手権」帰りの今平周吾は、星野陸也らと並ぶトータル10アンダーの5位タイ。昨年覇者の時松隆光は、池村寛世と並ぶトータル9アンダーの8位タイで最終日へと向かう。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/25(土) 16:52
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事