ここから本文です

智弁和歌山が智弁学園との智弁対決で敗れる 中谷監督はプロ注目・東妻を途中交代

5/25(土) 15:17配信

スポーツ報知

 ◆春季近畿大会 ▽1回戦 智弁学園9―7智弁和歌山(25日・佐藤薬品スタジアム)

 智弁和歌山が5点差を逆転され、公式戦3度目の対決で智弁学園に敗れた。中谷仁監督(40)は、7―9の7回2死一、三塁で、プロ注目の東妻純平捕手(3年)を途中交代させる荒療治も実らなかった。

 阪神、楽天、巨人で捕手として活躍した指揮官は、3打数無安打に終わった正捕手に「あのままだと15、16点取られてしまう。リードや姿勢、打撃内容、すべての部分。取られたんだったら『バットで』と気持ちの切り替えをしてほしい中で、一人だけ違う方向に向いている感じがした。もう一度、指導し直します」と、手厳しかった。

最終更新:5/26(日) 7:35
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい