ここから本文です

スケボー・パーク世界女王の四十住さくら 横浜で“世界一の技”披露

5/25(土) 18:18配信

スポーツ報知

 スケートボード・パークの18年世界選手権女王で、東京五輪の金メダル候補・四十住(よそずみ)さくら(17)=和歌山・伊都中央高=が25日、横浜市内で開かれている「横浜セントラルタウンフェスティバル」にゲスト出演。山下ふ頭の特設会場でデモンストレーションを行った。強い日差しのもと、世界を制した華麗なトリック(技)の一端を披露。間近で目にする技に、観衆から歓声が上がった。

 17、18日に中国・上海で行われたパークの世界最高峰ツアー「バンズ・パーク・シリーズ」の今季開幕戦で優勝。「うれしいけど全力は出し切れていないので、(悔いは)残っているものがある。でもいいスタートにはなったかな」。ちなみにこれは、世界的企業のレッドブルがスポンサーについての初戦でもあった。「夢だったし、あこがれでもあった。レッドブルのヘルメットをかぶって優勝できて、いいスタートにもなったし、令和のいい始まりにもなった」と、節目での勝利を喜んだ。

 次戦は6月に行われるデュー・ツアー(米カリフォルニア州ロングビーチ)に参戦予定。東京五輪への出場ポイントがかかる大会にもなるが「結果は考えないで、自分の持っている力を全部出し切れたらいい」と、女王の目標設定はあくまで謙虚だ。

 四十住は26日にも同イベントに参加する。

最終更新:5/25(土) 18:18
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事