ここから本文です

大分県竹田で35℃を観測 全国で今年初の猛暑日に

5/25(土) 14:54配信

ウェザーニュース

 今日5月25日(土)は、高気圧に覆われて全国的に青空が広がっています。強い日差しに加えて、大気下層にはこの時期としては非常に暖かい空気が南から流れ込んでいて、各地とも気温がかなり高い状況です。

 大分県の竹田では、14時35分に気温が35℃に達し、今年全国で初めての猛暑日(令和最初の猛暑日)となりました。

昨年より1か月早い「全国初の猛暑日」

 国内で猛暑日となるのは昨年10月6日以来で、この日は新潟県三条市で36.0℃を観測するなど、新潟県内の4地点で平成最後の猛暑日となりました。


 昨年、全国で初めて猛暑日を記録したのは6月25日で、この日は栃木県の佐野市や大分県の日田市で猛暑日となりました。今年は昨年よりも、ちょうど1か月早い観測でした。

明日は東日本や北日本でさらに暑くなる予想

 この季節外れの暑さは、西日本では明日26日(日)まで、東日本や北日本では明後日27日(月)まで続く予想です。

 特に東日本や北日本では、明日・明後日は今日以上の高い気温となるところが多くなります。多くの地域で最高気温が30℃以上の真夏日となり、一部の地域では気温が35℃以上の猛暑日となるおそれがあります。

 この週末は運動会が開催されるところも多いですが、屋外で長時間過ごす場合は熱中症に十分警戒が必要です。また駐車中の車内なども非常に危険です。

 週中頃以降は気温は平年並みかやや高い程度となり、季節外れの暑さからは一旦開放される予想です。

ウェザーニュース

最終更新:5/25(土) 14:54
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事