ここから本文です

マンチェスター・UがリヨンFW獲得へ50億円のオファー…CL出場可否が交渉に影響する可能性も

5/25(土) 6:13配信

GOAL

マンチェスター・ユナイテッドがムサ・デンベレの獲得に向けてリヨンにオファーを送ったことが『Goal』の取材でわかった。

今季最も期待を裏切った“ワースト移籍”は?フレッジ、クルトワら15人を選出

昨夏の移籍市場でセルティックからリヨンに加入したデンベレ。すると、デビューシーズンから全公式戦45試合に出場して20ゴールをマークし、チームのリーグ・アン3位、チャンピオンズリーグベスト16に貢献するなど22歳のフランス人ストライカーは母国でインパクトを残することに成功する。

この活躍を受け、プレミアリーグの複数のクラブがデンベレの獲得に興味。中でも、失意のシーズンを送り、前線の強化を目論むオレ・グンナー・スールシャール監督率いるマンチェスター・Uが同選手の獲得に向けてリヨンに4000万ユーロ(約49億円)のオファーを提示したようだ。

しかし、来シーズンのCL予選から出場できるリヨンに対して、マンチェスター・Uはヨーロッパリーグでの戦いを余儀なくされる。そのため、2016年までフラムに在籍したデンベレがCL出場を捨ててまで、プレミアリーグの舞台に復帰するかは定かではない。

一方で、2017年から2シーズンにわたってマンチェスター・Uのストライカーとしてプレーするロメル・ルカクに対しては退団の可能性が浮上。シーズン中から「セリエAでのプレーが夢」と語っていた同選手のインテル行きが連日報じられている。

また、来シーズンでの巻き返しを目指すマンチェスター・Uは今夏の移籍市場で積極的な動きを見せることが予想される。デンベレの他に、ドルトムントのジェイドン・サンチョ、リールのニコラス・ペペ、アヤックスのマタイス・デ・リフト、クリスタル・パレスのアーロン・ワン=ビサッカなどが新戦力の候補に挙がっている。

最終更新:5/25(土) 6:13
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事