ここから本文です

NASA、「マーズ2020」宇宙船のテストを実施

5/25(土) 10:01配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

NASAは火星探査車「マーズ2020」の宇宙船のテストを、カリフォルニア州のジェット推進研究所(JPL)にて実施しています。

マーズ2020はその名のとおり2020年7月の打ち上げが予定されている探査車で、火星のジェゼロクレーターにて生命の痕跡を探したり、あるいは酸素の生成実験をおこないます。

宇宙船はクルーズ・ステージとよばれる宇宙船の収納場所、そしてディセント・ステージとよばれる、探査車をケーブルにて火星に下ろす部位、さらには、降下時に探査車を守るエアロシェルから成り立っています。

そしてこの宇宙船は、マーズ2020の探査車を収納し、輸送するものです。今回、マーズ2020は宇宙シミュレータ施設でのテストが実施されました。また火星に降り立つ探査車は現在組み立て中のため、テストでは仮の探査車を搭載して実施されています。

塚本直樹

最終更新:5/25(土) 10:01
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事