ここから本文です

メーガン妃の長男「アーチー」 日本でもなじみ深い「花」の名前に その色が話題

5/25(土) 19:20配信

Hint-Pot

「アーチー・ハリソン」と名付けられた黄色の菊の花が登場 色の意味を地元メディアが報じる

 英国王立園芸協会主催で、毎年恒例の「チェルシー・フラワーショー」は、25日(現地時間)まで西ロンドンで開催されている。キャサリン妃がデザインした庭園などが話題となったが、メーガン妃とヘンリー王子の間に6日に生まれた長男・アーチーくんの名がつけられた花にも注目が集まっている。その花は、日本でも古くからなじみがあり、親しまれている種類だった。

【写真】ヘンリー王子とメーガン妃の長男「アーチー・ハリソン」と名付けられたレモンイエローの菊の花

 ◇ ◇ ◇

 フラワーショー開幕に先立ち、地元各メディアが報じたのが「アーチー・ハリソン」の名がつけられたレモンのような黄色の菊の花。日本人もなじみが深い菊の花だ。地元紙「デイリー・メール」によると、英国の最も熟練された菊の花の栽培家によって、ロイヤルベビー誕生の数か月前から準備されて、丹念に育てられたもの。ネットショップでは1鉢2.8ポンド(約390円)で販売。美しく咲き誇り、フラワーショーに登場した。

 花にロイヤルベビーの名前がつけられることは珍しいことではなく、これまでもジョージ王子やシャーロット王女の名前がついた花は数種類あるという。

 しかし、「アーチー・ハリソン」と名付けられた菊の花は、その色にこめられた意味に注目が集まっているという。米誌「ピープル」によると、地元誌に語った栽培家の話を引用して「アーチーと名づけられたレモンイエローの菊花は、男女の性別で差をつけない『ジェンダー・ニュートラル』という中立的な考え方から、この色が選ばれた」と伝えた。男の子だから、女の子だからこの色という従来の性別でのイメージに偏らない「ジェンダー・ニュートラル」を、黄色は意味するとしている。

 伝統よりも独自スタイルを貫きたいメーガン妃。同妃が選んだわけではないが、長男の名前がついた花も、そんな思いをまるで“主張”しているようだ。

Hint-Pot編集部

最終更新:5/25(土) 20:16
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事