ここから本文です

“最後にもう一度団結を”バルサ今季最終決戦へ全勢力投入!

5/25(土) 8:44配信

SPORT.es

FCバルセロナの監督エルネスト・バルベルデは、バレンシアとのコパ・デル・レイ決勝(日本時間26日4:00)の重要性を認識し、トップチーム全員をセビージャに帯同させることを決断している。

「悪夢」のアンフィールドでの一戦を振り返ったピケ...あの時何が起こったのか!?

試合前日記者会見でレオ・メッシが認めたように、チームはチャンピオンズリーグのアンフィールドでの惨敗の後、非常に動揺している。そのため監督は、ベニート・ビジャマリンでの決勝に至るまでの間に、もう一度全員で力を結束することが最適だと考えた。

唯一、今シーズン最終戦となるこの一戦に帯同できないのは、U-20ワールドカップにフランス代表の一員として出場するジャン=クレール・トディボである。

怪我で欠場するテア・シュテーゲン、ルイス・スアレス、デンベレ、ラフィーニャ、ボアテングもスタンドから見守ることになる。
負傷の回復状況が心配されていたアルトゥール、コウチーニョ、セメドはここ2日間で全体トレーニングに合流しており、バルベルデのスカッドに含まれるだろう。

テア・シュテーゲンの代わりとなるシレッセンは、この試合がバルサでの最後のプレーになる可能性が高まっている。

また、フィリアルからはイニャキ・ペーニャ、アベル・ルイス、カルレス・ペレスの3名が招集されている。

FCバルセロナの2018/19最終戦の招集メンバーは以下の通り。

1.マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
2.ネルソン・セメド
3.ジェラール・ピケ
4.イヴァン・ラキティッチ
5.セルヒオ・ブスケツ
7.フィリペ・コウチーニョ
8.アルトゥール・メロ
9.ルイス・スアレス
10.レオ・メッシ
11.ウスマン・デンベレ
12.ラフィーニャ
13.ヤスパー・シレッセン
14.マウコム
15.クレマン・ラングレ
17.ジェイソン・ムリージョ
18.ジョルディ・アルバ
19.ケヴィン=プリンス・ボアテング
20.セルジ・ロベルト
21.カルレス・アレニャ
22.アルトゥーロ・ビダル
23.サミュエル・ユムティティ
24.トーマス・フェルメーレン
29.アベル・ルイス
30.イニャキ・ペーニャ
43.カルレス・ペレス

SPORT

最終更新:5/25(土) 8:44
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事