ここから本文です

乃木坂46伊藤かりん、”大好きなアンダーライブ”で6年間のアイドル人生に幕「これ以上の幸せはありません」

5/25(土) 10:00配信

AbemaTIMES

 乃木坂46のアンダーメンバーが5月24日、神奈川・横浜アリーナにて『乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念 -アンダーライブ-』を開催した。

【画像】アンダーライブの様子

 今回のライブには伊藤純奈、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや、そして本公演をもって乃木坂46を卒業した伊藤かりん、5月26日の選抜ライブをもって卒業する斉藤優里の計12名が参加。チケットは即日ソールドアウトし、アンダーライブ単独公演としては過去最高の1万5千人を動員した。

 中田、樋口、和田の影ナレの後、『Overture』を経てステージに登場したかりん、斉藤を除く10人は、短めのダンスパートで会場を盛り上げてから『Sing Out!』のカップリングとして収録されるアンダーメンバーの新曲『滑走路』からライブをスタートさせた。それから『その女』『ブランコ』『シークレットグラフィティー』『春のメロディー』といったナンバーを次々と披露。自身がセンターを務める楽曲『シークレットグラフィティー』の冒頭で樋口は「横アリのみなさん盛り上がってますか? 最高の1日にしましょう」と笑顔で客席に呼びかけていた。

かりん、優里が号泣を報告

 MCでは、中田が「横浜の皆さん盛り上がってますか!? 横浜アリーナにアンダーライブが来ちゃいました!」と元気いっぱいに挨拶。それから中田は「乃木坂で、単独で横浜アリーナ公演を行ったのは2周年バースディライブ以来。めちゃめちゃ前の話」と振り返ったが、その後でMCのバトンを渡された3期生の向井は「私は2周年ライブに(客として)遊びに来ていたので」と告白。それから彼女は「その時大好きだった乃木坂に、メンバーとして横浜アリーナでライブをしているので、みんなから憧れられるような、素敵なライブにしたいと思います」と意気込みを語っていた。そして中田はかりんと斉藤をステージへと呼び込む。大歓声に包まれながら登場したかりんは「私たち裏で5曲観ていたんですけどずっと号泣です」と報告。斉藤も「裏で踊り納めをしていて、『これからは立ち位置で急ぐことももうないんだね』なんて話をしていたら、自爆しちゃって(笑)。泣いちゃうという出来事がありました」と笑顔で明かしていた。

 12人が揃った『自惚れビーチ』ではステージの左右や一直線に突っ切る花道をメンバーが所狭しと動き回りながらパフォーマンスを繰り広げると、続く『13日の金曜日』はサブステージでライブが行われ、途中斉藤が号泣してしまい歌が歌えなくなってしまうという場面も。そんな斎藤に純奈は寄り添いサポートすると、観客もサビパートを大合唱して会場は一体感を増していた。その後、ライブはユニット曲のブロックへと突入し、中村、山崎、和田は『Against』でエネルギッシュなダンスを披露し客席を盛り上げる。かりん、純奈は『釣り堀』でしっとりとハーモニーを響かせ、オーディエンスを魅了。かりんは歌いながら涙を零していた。それから中田、寺田、吉田は『心のモノローグ』を、斉藤、佐々木、樋口、向井は『2度目のキスから』をパフォーマンスした。MCでは純奈が言葉を詰まらせながら「歌をいつもかりんとやっていたんだけど、最後だったから…。今日はハーモニーだったから、ちゃんと支えてあげようと思ったんだけど、全然歌えなくて…」と語ると、客席からは「そんなことないよ!」などの声が多数飛び交っていた。

1/4ページ

最終更新:5/25(土) 10:00
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事