ここから本文です

【コレ英語で言えますか?】人生とは「清濁(せいだく)併せ呑む」もの

5/25(土) 17:01配信

FNN.jpプライムオンライン

悟りを開いた方がストレスもないかも?

友達とお酒を飲みに行ったときに、隣の席から聞こえてくるのは職場の愚痴ばかり。
みなさんも経験したことありませんか?
気分転換でお酒を飲みにきたのに、悪口ばかり聞こえてくると気分悪いですよね…

【記事画像を見る】三田佳子、心境を語る 「人生とは清濁併せもつもの」

たしかに、周りの人を全員受け入れることはなかなか難しいですね。
それでも清濁併せ呑むことができれば、人生の悟りを開ける気がします。
挑戦してみませんか?

「清濁併せ呑む」って英語でなんて言うの?

人生とは清濁併せ呑むもの。
A life is pure and muddy.

【解説】
「清濁併せもつ」と耳にすることも多いこの表現ですが、本来は「清濁併せ呑む」。
意味は「心が広く、善でも悪でも分け隔てなく受け入れる。度量の大きいことのたとえ。」
出典:デジタル大辞泉(小学館)

他の表現として、
take the rough with the smooth
「粗いもの(=苦)も滑らかなもの(=楽)も共に受け入れる」があります。

本人が濁っている人ばかり目立ちますが…

【例文】
真の政治家とは、清濁併せ呑むことができる人のことである。
A true politician is the one who has a broad-minded attitude toward anything.

よく政治家を表現するときに使われますが、
そんなにbroad-minded(度量が広い)人が少ないように感じるのは気のせいでしょうか??


それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第28回 / 毎週土曜更新)

最終更新:5/25(土) 17:01
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事