ここから本文です

高松市の屋島レクザムフィールド 駐輪場の壁の一部が落下

5/25(土) 18:15配信

KSB瀬戸内海放送

 24日夜、高松市の屋島レクザムフィールドで駐輪場の壁の一部がはがれ落ちていたことがわかりました。

 はがれ落ちていたのは高松市の屋島レクザムフィールドの入り口横にある駐輪場の壁です。24日午後9時ごろ、競技場の指定管理者「四電工」の職員が見つけました。

 高松市が調べたところ、地上から高さ約4メートルのコンクリート壁に接着している不燃性の板が、たて約80センチ、横約60センチ、高さ約7センチにわたってはがれていました。落ちていた板の重さは約3キロです。板の落下によるけが人はいませんでした。

 高松市では駐輪場と駐車場の一部を閉鎖して、同じ板が設置された64カ所全てを緊急点検し、壁がはがれた原因を調べています。
 屋島レクザムフィールドは、2017年に建て替え工事を終えていて、4月に定期点検を行っていました。

最終更新:5/27(月) 11:06
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事