ここから本文です

学法石川、土壇場に試合ひっくり返す 春季高校野球福島県大会

5/25(土) 11:27配信

福島民友新聞

 第71回春季東北地区高校野球県大会第5日は24日、郡山市のヨーク開成山スタジアムと白河市の白河グリーンスタジアムで準々決勝4試合が行われ、ベスト4が決まった。ふたば未来は県北第1代表の福島商を5―3で下し、初の4強入り。学法石川は福島西に4―3のサヨナラ勝ちで7年ぶりに準決勝に進出した。第6日の25日はヨーク開成山スタジアムで準決勝2試合が行われる。午前10時から日大東北―東日大昌平、午後0時30分からふたば未来―学法石川。
 学法石川が土壇場で試合をひっくり返した。最終回、竹本江希(3年)の打球が中前に抜け、三走佐藤日翔(2年)が生還するとベンチの選手はグラウンドになだれ込んだ。

最終更新:5/25(土) 11:27
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事