ここから本文です

サイコーすぎて、さよならAirPods。Powerbeats Proレビュー

5/25(土) 21:11配信

ギズモード・ジャパン

このレビューを待ってた!

ハンズオンから「AirPodsを超える存在」と言われていたPowerbeats Pro。しっかりレビューをいまかいまかと待っていました。米国ではついに発売され、さっそく買った人もいますし、様子を見ている人もいるでしょう。日本のアップルストアでは2万4800円(税別)で6月に発売される見込みです...はやくぅ...。イヤフックが絶賛されているPowerbeats Pro、米GizmodoのAdam記者がじっくり使ってみたのでそのレビューをどうぞ。

【画像】サイコーすぎて、さよならAirPods。Powerbeats Proレビュー

見てすぐわかるイヤホンといえば、AirPods(日本では発売時に耳からうどんなんて言われた特徴的な見た目)。そして、それ同等に認識されているイヤフォンといえば、Powerbeatsしかないでしょう。Powerbeatsは、小さなプラスティックの箱にゴム製のわっか、そこからケーブルがでてるという見た目。それが完全ワイヤレスとなったPowerbeats Proで見た目も一新。ものすごくいい。見た目的にも毎日つけて違和感なし、むしろつけていたい! デザインで茶化すところがない!

Powerbeats Pro

Powerbeats Proとは?:フィットネスに注力した完全ワイヤレスイヤフォン。

価格:250ドル(2万4800円)

いいところ:連携が◯。つけ心地最高。音質素晴らしい。

残念なところ:ケースがデカい。高価い。

250ドル(2万4800円)のPowerbeats Proは、AirPodsをより強くして、フィット感アップさせて、音質向上したアイテム。見た目のデザインも、AirPodsとはまったく異なります。イヤフック型で、外耳道の外側に軽く乗っかる感じ。このフィット感、つけているのを忘れるレベル。装着したら消えたと言っても過言ではないです。レビューしていた1週間、ほぼ装着していることを忘れて過ごしていました。ただ、そのぶんイヤフォンと耳をぴったりとシーリングするわけではないので、遮音性という点では優れていません。実際、通勤で使用しているNYのうるさい地下鉄車内では、外の音に音楽が邪魔されることも。

1/4ページ

最終更新:5/25(土) 21:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事