ここから本文です

芳根京子、志尊淳との“初キスシーン” で起きた口臭ハプニング

5/25(土) 18:30配信

クランクイン!

 女優の芳根京子が、21日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系/毎週火曜24時12分)に出演。初めてのキスシーンにまつわるエピソードを明かした。

【写真】芳根京子、土屋太鳳とのキスシーン


 番組MCの笑福亭鶴瓶とトークを繰り広げる中、芳根がかつて出演していたドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)の話題に。同作で共演した俳優・志尊淳とは、ほかにも映画での共演が重なり、1年ほど一緒に過ごした時期があるそうで、今でも「頼りになるお兄ちゃん」として慕っているという。

 そんな芳根だが、鶴瓶が「キスシーンやったことあるの?」と尋ねると、「それこそ志尊くんとありました」と照れながら回答。志尊と飲みに行く友人という鶴瓶は即座に「何や志尊、あいつ!」と羨ましそうなリアクションで反応する。

 芳根は当時について「初めてが志尊くんとでしたね。お互いに初めてでした」と振り返り、「印象的だったのは、(キスシーンの前に)ロケバスで待っているとき、志尊くんがどうしてもお腹空いちゃったみたいで。『芳根ちゃん、うまい棒食べてもいいかな?』」と聞かれたそう。しかもそれが「明太子味のキツめの香りの『うまい棒』」だったという。

 気を遣う志尊に、芳根が「だったら私も一緒に食べれば同じですね」と提案し、「2人で『うまい棒』の明太子味を食べた後に(キスシーンの)撮影をしました」と、かわいらしいエピソードを明かした。これには鶴瓶も大ウケで、「明太子味で良かったんや?」と聞くと、「緊張で余り覚えてないけど、それで緊張がほぐれたという覚えはありますね」とはにかみながら話した。

最終更新:5/25(土) 18:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事