ここから本文です

“中国のガッキー”が参戦!「ONE PIECE」劇場版最新作の竹中直人ら追加キャストが発表

5/25(土) 10:30配信

Movie Walker

1997年に週刊少年ジャンプで連載が開始され、全世界での単行本発行部数が4億5000万部を突破した、超人気漫画「ONE PIECE」の劇場版アニメ最新作『ONE PIECE STAMPEDE』が8月9日(金)から公開される。1999年からテレビアニメが放映され、今年で放送20周年という節目の年に公開される本作の追加キャストとして、竹中直人、フィッシャーズ、ロン・モンロウらが発表された。

【写真を見る】新垣結衣に激似!“中国のガッキー”の異名を持つ栗子ことロン・モンロウ

14作目の劇場版アニメとなる本作は、世界一の祭典、海賊万博に参加することになったルフィたち麦わらの一味が、世界中から集まった海賊たちと時代の覇権を左右するお宝の争奪戦に参加する。しかし、ルフィたちは予測不能の大混乱に巻き込まれる…。

このたび、キャストとして発表されたのは、『ワンピース ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(09)での金獅子のシキ役、『ONE PIECE FILM GOLD』(16)での1人2役に続き、今作で3度目の出演となる竹中直人。今回演じる役は海賊万博に集まるキャラクターたちのなかに潜んでいるということなので、ぜひ見つけていただきたい。さらに、中学校の友人同士で結成された7人組グループYouTuberのフィッシャーズも参加。557万人以上の登録者数をもつチャンネルの投稿動画内で「ONE PIECE」について語ったり、名場面の再現をするなど、「ONE PIECE」ファンにもなじみ深い7人がフィッシャーズ海賊団として全員登場する。そして、歌手、モデルとして活躍し、インスタグラムでは15万人のフォロワーを持つ中国出身の栗子ことロン・モンロウも出演。日本のアニメが好きで「ONE PIECE」から“夢を追う大切さを教わった”というロンが、女海兵役に挑戦する。

また、本作では“最悪の世代”と呼ばれるユースタス・キッドやカポネ・ベッジなどとともに、レイリー、モルガンズ、バスティーユ、ブランニュー、モモンガ、メイナード、ドーベルマン中将、ダルメシアンなど、人気を博した合計38キャラクターとその声優陣の出演が決定。これに加え、まだまだ発表されていない参加キャラクターもいるとのことなので、今後の続報に期待が膨らむ。

現在発売中のプレゼント付前売券の特典としては、第1弾プレゼントの「“尾田栄一郎描き下ろし”万博スタイル10バッチ」。第2弾プレゼントの「万博DXタオル」がラインナップされている。そして、麦わらストア、アニメイト、JUMP SHOP限定で映画のワンシーンを切り取り、ミニチュアサイズの額縁キーホルダーに収めた「コマコレ」が手に入る前売券が6月下旬より発売開始されるなど、ファン垂涎の情報も。まだまだ驚きが待ち受ける本作。公開がさらに待ち遠しくなった!

〈キャストコメント〉

●⽵中直⼈

「うわぁ~再び“ONE PIECE”に参加することが出来るなんて!なんて光栄なことだろう!嬉しい!嬉しすぎる!尾田栄一郎先生の思いにちゃんと届くように愛を込めて挑みます!うおー!!!」

●フィッシャーズ

「日本が世界に誇る漫画“ONE PIECE”の映画に出演できるなんて、まさにうれしい!楽しい!大好き!という感じです!映画に貢献すべく、精一杯頑張らせていただきます!」

●ロン・モンロウ(栗⼦)

「オファーを受けたときは、びっくりして最初はなにかの間違いではないかと思いました。本当だとわかると急に緊張してしまい、自分の日本語で大丈夫なのか心配になりました(笑)アフレコははじめての体験ですが、ルフィのように夢や未来に臆病にならず、チャレンジをしたいと思います!」(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:5/25(土) 10:30
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事