ここから本文です

サガン、ホームで鹿島戦 3連勝で勢い加速を

5/25(土) 14:42配信

佐賀新聞

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第13節の26日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。リーグ屈指の強豪との対戦だが、2014年以来5年ぶりの3連勝で勢いを加速させたい。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「自分たちが今どれだけやれるのか、真価が問われる試合になる」と選手の飛躍を期待する。

 鳥栖は通算成績3勝1分け8敗(勝ち点10)で17位。前節・広島戦は、終始攻め込まれて14本のシュートを浴びたものの、体を張った守備で踏ん張った。後半終了間際に相手のオウンゴールで1-0の勝利。リーグ戦7試合ぶりの完封で貴重な勝ち点3を加え、最下位を脱出した。

 対する鹿島アントラーズは7勝2分け3敗(勝ち点23)で5位。J1優勝は最多の8度で、伝統的に勝ち方を熟知している強敵だ。現在、リーグ戦3連勝中で、ここまでリーグ最多の21得点を挙げている。中盤で攻守の起点となり、ゴールも奪えるMFレオシルバには自由を与えてはいけない。

 鳥栖はG大阪、広島に連勝し勢いに乗るが、さらに勝ち点を積み上げてJ2降格圏を脱したい。攻守のバランスに優れる鹿島に対し、中盤でのかじ取り役が期待されるMF原川は「攻め急げば向こうのペースになる。90分をトータルに考えて戦い抜く」。ホームの声援を力に変え、サポーターに白星を届けることを誓った。

最終更新:5/25(土) 14:42
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事