ここから本文です

トッテナム指揮官の発言にレアルが公式声明で反論「驚いている」

5/25(土) 12:15配信

ゲキサカ

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督の発言に対し、レアル・マドリーが公式声明で反論した。

 トッテナムは6月1日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝のリバプール戦を控えている。会場はスペインのワンダ・メトロポリターノとなっており、両チームはマドリード市内で試合に向けた準備を行うようだ。

 英『BBC』によると、この遠征地に関するポチェッティーノ監督の発言が問題になっているという。

 トッテナム指揮官はスペイン『エル・パルティーダソ・デ・コペ』で「決勝戦に先立ち、私たちはバルデベバス(レアルのトレーニング施設)で練習し、近くのホテルで寝る」とチームの予定を語り、続けて「私はトレーニング施設に宿泊できるよう(レアル会長の)フロレンティーノ(・ペレス)に頼んだが、彼は私がレアル・マドリーの監督になるなら宿泊を許可すると言ったんだ」とジョークを飛ばしたとのことだ。

 レアル側はこの発言を問題視し、クラブ公式サイト上で公式声明を発表。「トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督の表明に驚いています」とし、「その申請が明らかに嘘であることをここで明確にすることを望みます」と抗議した。

 公式声明によれば、両クラブからトレーニング施設の使用に関する申請があり、トッテナムは5月30日と同31日、リバプールは6月1日の午前中に同施設で練習を行う予定となっていた。しかし、「トッテナムがレアル・マドリーの施設に泊まれるように我々のクラブに申請したことは全くありません」と、宿泊についてはもともとトッテナムからの正式な申し出はなかったと主張している。

最終更新:5/25(土) 12:21
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事