ここから本文です

まさに難攻不落…琉球が新潟に劇的勝利! ホーム29戦無敗でJリーグ記録を塗り替える

5/25(土) 21:37配信

ゲキサカ

[5.25 J2第15節 琉球2-1新潟 タピスタ]

 J2第15節が25日に開催され、暫定10位のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで同14位のアルビレックス新潟と対戦し、2-1で勝利を収めた。前半11分にMF富所悠が先制点を挙げ、後半38分に新潟のFWレオナルドに同点弾を許したが、同41分に途中出場のFW上原慎也が決勝ゴールを記録。2017年9月のJ3第25節・C大阪U-23戦(1-0)から続くホーム無敗記録を29試合に伸ばし、自らの持つJリーグ記録を再び更新した。

 琉球は前半11分、PA手前左でFKのチャンスを迎えると、キッカーの富所が右足でシュート。壁に当たって軌道が変わったボールがゴール右隅に吸い込まれ、幸先よく先制する。

 1-0のまま時間が経過し、後半38分にDF川口尚紀のシュートの跳ね返りをカウエに押し込まれて同点とされたが、すぐに勝ち越した。同41分、DF西岡大志が右サイドからクロスを送り、投入からわずか1分の上原がヘディングで押し込む。

 上原にとっては札幌時代の2016年以来、3シーズンぶりとなるJリーグでの得点。琉球がそのまま2-1のリードを守り抜き、ホーム2連勝を飾った。敗れた新潟は今季初の3連敗となっている。

最終更新:5/25(土) 21:59
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事