ここから本文です

日本最古のゴルフのオープン競技、その頂点に立つのは? 今平周吾に爆発の気配?【3日目コメント集】

5/26(日) 10:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<関西オープン 3日目◇25日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇6979ヤード・パー72>

お祭り男は今日も絶好調!【写真】

国内男子ツアー「関西オープン」はムービングデーが終了。スンス・ハン(米国)が単独首位に浮上した。1打差の2位にH・W・リュー(韓国)、トータル13アンダーの3位に中西直人と続いている。いよいよ最終日。日本最古のゴルフのオープン競技、その頂点に立つのは?上位でプレーする選手の3日目終了時の声をお届けする。

■スンス・ハン(トータル15アンダー・単独首位)
「今日は同組の選手たちの流れが良くプレーすることができました。チャンスもきっちり決められたし、大きなピンチもなかったですね。(優勝に向けてカギとなるのは)結果ではなく、自分のプレーをすることが大事」

■H・W・リュー(トータル14アンダー・単独2位)
「予選ラウンドに比べパターの調子はあまり良い感じではなくて、良い感覚を探しながらのプレーとなりました。ショットは悪くないので、安心しています。明日はパッティングが一番大事。ボードをあまり見ず、自分のプレーに集中して頑張ります」

■中西直人(トータル13アンダー・単独3位)
「いい3日目だったと思います。自分の中では上出来だったかな。17番のボギーがもったいなかったと言われますが、自分の実力だしそれが僕のゴルフ。明日もあるので全然大丈夫です。ギャラリーの反応は本当にうれしいですね。たくさんの方についてもらい“頑張れ”だったり笑ってもらったり。一日うれしかったです」

■大槻智春(トータル12アンダー・単独4位)
「13番のパー5でのOBが痛かったですが、ボギーで切り抜けられたのは大きかった。今日はショット、パッティングどちらも良くはなかったのですが、チャンスにつけたところでいられたのは大きかったですね。去年は3日目にいい位置にいても最終日に崩すことが多かった。優勝を狙おうと思って意識してやったのがうまくはまらなかったのかなと。今年は一打一打集中して意識せずにやれれば、今日みたいなゴルフができると思います」

■今平周吾(トータル10アンダー・5位タイ)
「前半はいい感じでしたが、後半の出だしでラフに入ってしまいアプローチが寄らなくて…流れが悪くなったままホールアウトしてしまいました。集中力が欠けてしまっていたかなと思います。調子は悪くないので、かみ合えば良いスコアが出そうな気がします。しっかり休んで、明日に備えたい」

■星野陸也(トータル10アンダー・5位タイ)
「18番が混んでいて体が準備不足でしたね。1オンを狙うつもりだったのですが、この一週間で一番曲がりました。もうちょっと素振りしておけばよかった。18番で落としたのは最悪。調子は悪くないので、明日もしっかりとフェアウェイキープしていきたいと思います」

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/26(日) 10:31
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事