ここから本文です

マッハMC86の平木湧也、予選3番手獲得に手応え「パフォーマンスは高いところにある」|スーパーGT第3戦鈴鹿

5/26(日) 10:53配信

motorsport.com 日本版

 鈴鹿サーキットで行われている2019スーパーGT第3戦。GT300クラスでは#5 マッハ車検 MC86 マッハ号(坂口夏月/平木湧也)が予選3番手を獲得。開幕3戦を続けてトップ6圏内で予選を終えられたことに、平木もマシンのパフォーマンスなど手応えを感じている部分が多いという。

スーパーGT第3戦鈴鹿|GT500&GT300予選タイム結果

 今回の鈴鹿ラウンドでポールポジションを獲得した#25 HOPPY 86 MC(松井孝允/佐藤公哉)同様にマザーシャシーのトヨタ86を使う5号車。前回の富士ではマザーシャシー勢があまり得意としていないコースでありながらも、予選3番手を獲得する速さをみせた。

 そのパフォーマンスは、ここ鈴鹿でも健在。Q1で坂口が1分57秒827でトップ通過を果たすと、Q2では平木が1分57秒571をマーク。ポールポジション獲得とはならなかったが、予選3番手の好位置につけた。

 しかし、平木は自身が担当したQ2で思うようにタイムを伸ばせず、25号車との差がついてしまったことに悔しさをみせた。

「まず坂口選手がQ1をトップで通過してくれて、クルマのパフォーマンスがかなり高いということが分かったんですけど、(自分が担当した)Q2で思ったようにタイムを伸ばせなくて、25号車とタイム差が広がってしまいました」

 それでも、平木は今回も2列目グリッドからスタートできることを前向きに捉え、決勝ではしっかり結果を残したいと語った。

「その中で前からのスタートが明日はできますし、僕たちは決勝を見据えたタイヤチョイスだったので、僕たちとしてはポジティブな結果だったと思います」

「前回の富士大会をみるとMC勢が苦手と言われていたコースで3番手をとることができました。開幕戦からコンスタントに上位に食い込めているので、クルマのパフォーマンスが高いことは分かるかなと思います。そのパフォーマンスを明日は決勝の結果につなげたいなと思います」

「今年僕たちはまだ1回も完走できていないので、自分たちのレースができるように頑張りたいと思います」

吉田知弘

最終更新:5/26(日) 10:53
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事