ここから本文です

日米ゴルフ外交に青木功が同伴 トランプ氏は3ショット写真を投稿

5/26(日) 16:52配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

来日中のトランプ米大統領と安倍晋三首相は26日、千葉県茂原市の「茂原カントリー倶楽部」でゴルフをした。両首脳による“ゴルフ外交”は通算5回目。ラウンドにはプロゴルファーの青木功が同伴した。

【写真】今季2勝目

青木は2017年11月にトランプ氏が来日した際、首相夫妻が主催する晩さん会に招かれた。トランプ氏は当時、「青木氏のパッティングは芸術的だ」と称賛したとされる。

トランプ氏は午前9時ごろ、大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」でコースに到着し、安倍首相の出迎えを受けた。

9時45分ごろから約2時間半にわたり、プレーした。気象庁の観測によると、強い日差しが照りつけた茂原市の気温は午前10時までに28度を上回り、正午には30度を超えた。トランプ氏と青木は半そでポロシャツ、首相はポロシャツの下に長そでシャツを着てラウンドした。

首相官邸は、首相がトランプ氏を乗せたカートを運転する動画をインスタグラムに投稿した。トランプ氏と首相の「どちらがスコアが上になると予想?」と問いかける一方、「結果は国家機密です」と(冗談で)記した。満面の笑みを浮かべる両首脳のセルフィーもアップした。

トランプ氏は「日本の千葉にある茂原カントリークラブで安倍晋三首相とゴルフをし、すばらしい朝を過ごした」とツイート。青木を交えた3ショットの写真も投稿した。外務省によると、プレー後の昼食には米国産牛を使ったダブルチーズバーガーがふるまわれたという。

2017年11月の来日時、トランプ氏と安倍首相は松山英樹を交えてゴルフをしている。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事