ここから本文です

「ゆうちょPay」を使ってみた どんなメリットがある? 不満点は?

5/26(日) 6:00配信

ITmedia Mobile

 ゆうちょ銀行は5月8日にコード決済サービス「ゆうちょPay」を開始した。ゆうちょPayの決済では、スマートフォンのアプリに表示されたQRコードやバーコードを提示することで、あらかじめ登録したゆうちょ銀行の口座から決済金額が即時引き落とされる。また東急線の駅券売機から現金を引き出せる「キャッシュアウト」機能にも対応する。

ゆうちょPayでの支払い方法

 早速使ってみたので、利用方法や所感をまとめた。

ゆうちょPayに使用口座を登録する

 ゆうちょPayを利用するには、まずストアからアプリをインストールして、ゆうちょ銀行口座を登録する必要がある。工程自体はシンプルだが、ある程度時間を必要とする作業なので、在宅時に時間のあるときなど、前もって登録しておこう。iOSとAndroidの両対応だが、本稿ではiPhoneを用いて検証した。

 アプリを起動し、「アカウント登録」を選択したら、メールアドレスと希望のログインIDを入力する。入力したメールアドレスあてに6桁の確認コードが送信されるので、これを使って登録を進めよう。次画面で、氏名や生年月日、職業などの基本情報の入力、使用したいパスワードの設定を行う。

 続いて、支払いに使用するゆうちょ銀行口座を登録する。PayPayやLINE Payのようにクレジットカードを登録したり、プリペイド残高をチャージしたりするような、複数の決済手段があるわけではないので、ハードルはやや高い。

ゆうちょPayで支払う

 ゆうちょPayが使用できるのは、現時点で一部の量販店やドラッグストアなどに限られる。既報の通り、飲食店やコンビニは6月中旬以降、順次対応する予定だ。今回は既に対応しているドラッグストア「ウエルシア」の店頭支払いでゆうちょPayを使用してみた。

 手順はシンプルで、ゆうちょPayアプリの画面をタップし、表示されたコードをレジに見せるだけ。コード読み取り画面も選べるので、店舗によってはこちらを使用する機会もあるだろう。

 今回はPOSレジに接続したリーダーでバーコードを読み取ってもらい決済完了。PayPayやLINE Payアプリのように決済時に音は鳴らず、画面表示が更新されるだけ。なお、レシートには「銀行Pay」と記載があった。

 ゆうちょPayには、今のところ大規模な還元特典があるわけではない。そのため、「口座即引き落としで支払いができる」以上のメリットはない。また、現状ではペイメントで使用できる店舗も限られている。便利な決済手段になるかどうかは今後の普及度合いにかかっているだろう。

 ちなみに、支払い上限金額は、初期設定値で1日あたり10万円、1カ月あたり50万円となっていたが、5月15日22時以降に口座を登録した場合には、1日あたり3万円、1カ月あたり3万円に改められている。アプリ内では3万円を超える上限金額の変更はできない。

 上限金額を変更するには、アプリ内の「ヘルプ・規約」→「お問い合わせ」を選択し、問い合わせフォームから「利用上限金額の引き上げを希望する」を送信しなければならない。その後、パスワードが簡易書簡で口座の住所あてに送られてくるので、再度お問い合わせフォームで上限金額の希望額とパスワードを入力し、送信すればよい。2~3営業日で変更の通知がメールで送られてくるらしい。

 一連の手順に郵送が含まれるため、上限金額の変更を望む場合には、前もって準備しておく必要があると頭に入れておこう。なお、3万円未満の上限金額はアプリ内から変更できる。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 17:58
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事