ここから本文です

【決勝レース速報】「諦めない」と語っていた地元モナコ出身のルクレール、悔しいリタイア

5/26(日) 23:09配信

TopNews

2019年F1第6戦モナコGPの決勝レースで後方から激しく追い上げていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)がリタイアした。

●【ハイライト動画】ホンダがメルセデスを追い回す!ホンダ勢は4台入賞!/F1モナコGP

15番グリッドから激しく追い上げていたルクレールだが、ラスカスでルノーをオーバーテイクしようとした際にイン側の壁に接触してハーフスピンした。この接触で右リアタイヤがパンクしてしまい、壊れたタイヤがフロアを壊してしまったことでデブリをコース上にまき散らし、セーフティカーが導入された。

その後も「僕は諦めない」と走行を続けたが、ピットインしてリタイアすることになった。

地元モナコグランプリをフェラーリドライバーとして迎えて期待が高かったが、本人はもちろん、地元モナコのファンも残念な結果となってしまった。

最終更新:5/27(月) 2:38
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事