ここから本文です

堺市長選に3新人が立候補届け出 「都構想」再び争点に

5/26(日) 9:08配信

共同通信

 政治資金問題で竹山修身前市長が辞職したことに伴う堺市長選が26日告示され、自民党市議らが支援する無所属の元市議野村友昭氏(45)と、政治団体・大阪維新の会の元大阪府議永藤英機氏(42)、諸派の立花孝志氏(51)の3新人が届け出た。投開票は6月9日。

 野村、永藤両氏の事実上の一騎打ちとなる見通し。隣接する大阪市を廃止し、特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票が来年秋にも再び実現する見通しとなり、堺市への影響や堺市が都構想に加わることの是非を巡る論戦が予想される。

 2013年と17年の市長選は都構想反対を掲げた竹山氏が制した。

最終更新:5/26(日) 14:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事