ここから本文です

がん闘病中のNosuke 退院後初のライブ 妻misono「信じてできた」

5/26(日) 14:17配信

デイリースポーツ

 歌手・misono(34)の夫で「精巣がんによる胚細胞腫瘍」であることを公表して闘病中のドラマー・Nosuke(29)が26日、野外フェス「ニクオン」に出演。Nosukeは今月9日に胚細胞腫瘍を摘出する15時間の手術を受け、21日に退院したばかり。退院後初となるライブに夫婦そろって登場し、30度を超える暑さの中、元気にドラムを叩く姿を見せつけた。

【写真】ステージ復帰した夫・Nosukeを支えるmisono

 40分間のステージで、Nosukeは体全体を使って躍動。misonoの歌声に合わせ、笑顔で闘病中とは思えないアグレッシブなパフォーマンスを披露した。

 イベント出演後、2人は夫婦そろってデイリースポーツの取材に応じた。久しぶりのステージを終えたNosukeは「息切れ、まめ、筋肉の衰え…。ドラマーとしては(100点満点中)10点ですね」と出来栄えに少し悔しそうな顔。それでも近くで夫の勇姿を見たmisonoは「この前のリハで叩いている姿を見てイケると思った。Nosukeを信じてステージに集中できた」と笑顔。病との戦いを経て、夫婦の絆が一層強まった様子だ。

 Nosukeは昨年11月に精巣がんで左の睾丸を摘出。その後、抗がん剤治療を続け、15センチあった腫瘍が摘出できる大きさにまで小さくなったことから、今月9日に手術を受けた。

最終更新:5/26(日) 15:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事