ここから本文です

【日本ハム】清宮が貴重な同点打「真っすぐ一本でいきました」昇格後3試合連続打点&初マルチ安打

5/26(日) 15:58配信

スポーツ報知

◆西武―日本ハム(26日・メットライフドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が26日、西武戦に「7番・DH」で先発出場。1点を追う7回2死一、三塁で同点の適時打を放った。

 西武の3番手・平井の初球、外角低めの直球をコンパクトに捉えて中前へと運び「真っすぐ一本でいきました。昨日の最終打席、同じようなチャンスの場面で打てなかったので、同点に追いつくことができて良かったです。このあとも勝ち越しの場面で打席がまわってくると思うので、気持ちを切らさずにやっていきたいです」とコメントした。

 6回1死の第3打席では右翼線への二塁打を放っており、右手有鉤骨(ゆうこう)骨折から24日に1軍昇格後初のマルチ安打を記録。これで復帰から3試合連続打点と、25日に20歳の誕生日を迎えた若武者のバットがチームを勢い付けている。

最終更新:5/27(月) 17:15
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 15:55

あなたにおすすめの記事