ここから本文です

三賞、優勝の朝乃山がダブル受賞 阿炎、志摩、竜電も獲得

5/26(日) 19:00配信

共同通信

 大相撲夏場所千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、12勝3敗で平幕優勝を果たした朝乃山が初の殊勲賞と3度目の敢闘賞を獲得した。三賞は昨年名古屋場所以来。

 敢闘賞は受賞を懸けた一番となった玉鷲戦を制した阿炎が10勝目を挙げ、2度目の受賞。新入幕の志摩ノ海も千秋楽の勝利で白星を2桁に乗せ、初の獲得を決めた。新入幕の三賞は昨年夏場所の旭大星以来。

 技能賞は竜電が10勝目をマークして初受賞。三賞は昨年初場所の敢闘賞以来2度目となる。

最終更新:5/26(日) 19:23
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事