ここから本文です

広島・野間の返球それて決勝点「投手に申し訳ない。僕の責任」

5/26(日) 19:44配信

デイリースポーツ

 「巨人5-4広島」(26日、東京ドーム)

 同点の八回1死満塁。巨人・重信が打ち上げた浅めの飛球をつかんだ中堅・野間は懸命にバックホームしたが、送球が三塁側にそれ、三走・岡本は会沢のタッチをかいくぐってホームインした。

【写真】会沢のタッチをかいくぐって生還する岡本

 緒方監督がリクエストしたが、判定は覆らず、野間は「体勢が伸び上がってしまった。ホームまで真っすぐ入れる形にすれば良かった。あの位置であの走者ならホームに返してはいけない。投手に申し訳ない。僕の責任です」と顔をしかめた。

 広瀬守備走塁コーチは「刺したらビッグプレー。野間もいっぱいいっぱいのプレーだった。本人も悔しいだろうけど、僕も悔しい」と、紙一重で許した決勝点を悔やんだ。

最終更新:5/26(日) 21:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事