ここから本文です

厳戒態勢の国技館で相撲担当記者が金属探知機前で牛乳飲まされた

5/27(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆大相撲夏場所千秋楽 ○御嶽海(寄り切り)朝乃山●(26日・両国国技館)

 朝乃山が初優勝を決めていても、千秋楽は早朝から異様な緊張感に包まれていた。JR両国駅前は警棒を手にした警視庁警察官が巡回。ビン、カン、ペットボトルの持ち込みが禁止されていたため、紙パック牛乳とゼリー飲料を駅前で購入。観客もまばらな午前9時前、国技館入り口へと向かった。

【写真】朝乃山に重量30キロの“トランプ杯”を直接授与するトランプ大統領

 金属探知機の前で止められて手荷物検査。すると、警備員から「これが飲み物と証明するために開封して、一口飲んでください」と命じられた。「えっ?」と困惑して聞き返すと、数メートル先にいた大統領警護隊(シークレットサービス)だろうか、複数の外国人関係者が鋭い視線を向けてきた。こんなに緊張して牛乳を飲んだのは人生で初めてだ。

 トランプ氏の大相撲観戦が明るみに出た4月以降、日本相撲協会周辺もピリピリムード。「大統領専用車が地下駐車場に入れるかをリムジンでテストする」など様々な情報が飛び交った。

 今年初場所、平成最後の天覧相撲でも入場に際しての金属探知機は経験していたが、トランプ氏に敷かれた警備態勢は想像以上だった。「大相撲を世界にアピールできた」。準備に奔走し、大役を終えた協会関係者の安堵(あんど)した表情が忘れられない。(大相撲担当・小沼 春彦)

最終更新:5/27(月) 7:18
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事