ここから本文です

北海道 帯広で正午までに38.3℃を観測 5月の歴代全国最高気温を更新

5/26(日) 11:46配信

ウェザーニュース

 今日5月26日(日)の北海道は、南からの暖かい空気が流れ込んでいることや、地形と風の影響によるフェーン現象も加わって気温が高くなっています。

 道東の帯広測候所では11時22分に37.4℃を観測し、全国の5月の歴代最高気温を更新しました。

 正午までに、最高気温は38.3℃まで上がっています。この気温は北海道内の観測史上最高気温記録です。体温を上回るような猛烈な暑さです。(12:04更新)

広範囲で猛暑日の予想

 昼過ぎにかけて、道東の内陸を中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となるところが増える予想です。

 帯広では今朝の最低気温が15.1℃だったため、朝と昼の気温差は20℃を超えています。

 暑さに慣れない時期のため、熱中症に注意・警戒してください。運動会が開催されるところも多いですが、屋外で長時間過ごす場合は特に警戒が必要です。また駐車中の車内なども非常に危険です。

 こまめな水分・塩分補給、運動や屋外作業の際は休憩をしっかりとるなど、熱中症への対策を心がけてください。

ウェザーニュース

最終更新:5/26(日) 12:30
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事