ここから本文です

高橋優貴、大卒新人59年ぶり歴史的1勝

5/26(日) 11:36配信 有料

スポーツ報知

◆支えてくれる全ての人たちのおかげ

 ドラフト1位・高橋優貴投手が歴史的1勝を挙げた。4月4日の阪神戦に先発し、6回4安打5奪三振で1失点の好投。球団の大卒新人初登板初先発初勝利は、1960年の青木宥明(ひろあき)以来、59年ぶり。打線も同い年の岡本が2発、4回の坂本勇の3ランなど計4発を放ち、10得点と大量援護で後押しした。セ・リーグ新人一番乗りで勝利した高橋が、月刊ジャイアンツ読者に手記を寄せた。 本文:1,612文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

月刊ジャイアンツの記事一覧へ戻る

最終更新:5/26(日) 11:36
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事