ここから本文です

クール&ザ・ギャング、結成55年を振り返る「セレブレーション」誕生秘話も:インタビュー

5/26(日) 11:11配信

MusicVoice

 小林克也がMCを務めるBS朝日『ベストヒットUSA』。5月24日放送回では、70年代・80年代のソウル・ファンクシーンをリードしたレジェンド・バンド、クール&ザ・ギャングのオリジナル・メンバーでベーシストのロバート・“クール”・ベルが登場。結成55周年、レコード・デビュー50周年を迎え、過去と未来、そして愛を語った。究極のパーティー・チューン「セレブレーション」誕生秘話も明かした。

ずっと一生懸命にやってきた。“何をやるにしても家族一緒”で

――結成55周年、レコード・デビュー50周年を振り返っていかがですか。

 なんだか達成感があるよよ。これほど長いこと活躍できるなんて驚きだ。
俺たちは55年前、1964年に活動開始した。The Jazziacs、The Soul Town Band、Kool and the Flamesなど何度も名前が変わったよ。1969年に初めてのアルバム『Kool and the Gang』を発表したから、それから考えると2019年7月3日がデビュー50年の記念日ということになるね。

――ジャズをやっていた時代について聞かせてください。ジャズバンドをやっていたのにはお父様の影響があったと聞いています。どのような影響を受けましたか?

 父はフェザー級でトップ5に入るボクサーだったんだ。遠征で世界中を回っていたし、キューバにも行ったんだよ。当時はディジー・ガレスピーなど数多くのジャズ・アーティストがキューバで演奏していたんだけど、そこで父がジャズの影響を受けたのが始まりだ。弟(ロナルド・ベル)は幼い時からジョン・コルトレーンを聴いたし、俺はロン・カーターやレジー・ワークマンを聴いていたよ。ジャズの影響はそんな風に始まったんだ。

――これほど長いこと活躍できた秘訣はなんですか?

 ずっと一生懸命にやってきたことかな。そして幼い頃から両親に“何をやるにしても家族で一緒に”と言われて来たからかもしれない。ここでいう“家族”はジョージ・ブラウンにデニス・トーマス、弟のロナルド・ベルなど、オリジナル・メンバーのことだよ。クレイデス・チャールズ・スミス、ロバート・ミッケンズ、リッキー・ウェストの3人が亡くなったが、4人がいまだに健在だ。そして今でも一緒に演ってる。今でもずっと愛している母が、“家族で一緒に”と言ったから、今もそうしているんだ。これは家族の約束なんだよ。

1/3ページ

最終更新:5/26(日) 11:11
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事