ここから本文です

打った後に加速させるのが飛ばしのコツ!? ドライバーの“アクセルワーク”を覚えよう【ゴルフ】

5/26(日) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

6~7割くらいの感覚で打ち、球筋をコントロールする

ドライバーで打つときに、多くのアマチュアが頭を悩ませるのが、飛距離のボールコントロールです。スウィングでボールコントロールをしたいと思われるかもしれませんが、ドライバーは飛ばすためのクラブなので、自在のコントロールはプロでも不可能ですし、しないほうが賢明です。

それよりも、フェアウェイが絞ってあるようなレイアウトのホールでは6、7割くらいの感覚で打てるようになりたいものです。「どこへ飛ぶかわからない」などということはなくなって、フェアウェイキープ率もぐんと上がりま す。

スタイルそのものを変えてしまうのは危険です。ドライバーにおいては、スウィングの強弱を武器にすればいいのです。

しかし、ドライバーで力加減して打つのは難しいので、それを意識した練習を普段から行うといいでしょう。たとえば、フェアウェイウッドでいろいろな距離を打ってみるのです。

30ヤード、50ヤード、100ヤード、150ヤード......。やってみるとわかると思いますが、手首で操作したり、フォームを変えてしまうと、引っかけやダフリ、トップなどのミスが多発します。

先ほどお話しした「フォローの加速」だけで調節してみてください。いわば、 アクセルの踏み具合が肝心。この打ち分けができるようになると、ティイングエリアに立ったとき、飛距離さえ問わないというのであれば、左右にOB杭がせり出していても、なんのプレッシャーもなくフェアウェイに置くことが可能です。

試しに3カ月間騙されたと思ってドライバーを握らずにフェアウェイウッドだけでこの飛距離の打ち分けを練習してみてください。3カ月後には驚くようなスコアが飛び出すはずです。

「これでいいの?これだけで飛ぶの?」(ゴルフダイジェスト新書)より

撮影/小林司

みんなのゴルフダイジェスト編集部

2/2ページ

最終更新:5/26(日) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ