ここから本文です

渋沢栄一いくつかの小話(2)取引所は賭博? 明治政府内の大激論でもブレず

5/26(日) 16:30配信

THE PAGE

 「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一が、2024年から新しい1万円札の顔になります。江戸後期から明治、大正、昭和を生き抜いた実業家で、第一国立銀行をはじめ、日本初の私鉄である日本鉄道会社や王子製紙など約500の会社に関わった一方、約600の社会公共事業にも力を注ぎました。市場主義経済の象徴として現在の取引所の姿があるのは「渋沢のおかげ」と評価され、企業コンプライアンスが厳しくなった現代にあって、その哲学が再び注目されています。そんな渋沢の考え方や人柄が伝わるエピソードを、硬軟織り交ぜて集めました。市場経済研究所の鍋島高明さんが4回連載で紹介します。第2回のテーマは「取引所」です。

【画像】渋沢栄一いくつかの小話(3)「損して得取れ」? 型破りな借金手口

先物取引所の是非めぐり明治政府内で大論争

 明治維新の直後、先物取引の是非をめぐって明治新政府内で大激論が戦わされたことがある。司法権大判事で後に大審院院長に就く玉乃世履(たまの・せいり)が「禁止してしまわなければ庶民の賭博心を助長する恐れがある」と言って先物取引禁止を主張する。今でいえば最高裁長官に当たるほどの人物の意見だから影響力は大きい。江戸時代から続く米相場の火がかき消されそうな流れになるが、これに真っ向から反論したのが若き大蔵官僚、渋沢栄一であった。渋沢と玉乃は昵懇(じっこん)な間柄であったが、渋沢は到底禁止論を容認することはできなかった。渋沢は言う。

「人には現物の取引をするのほか、なお景気を売買したがる性分があるものゆえ、景気を売買する空相場をも、いかに賭博に類似するからとて禁止してしまってはかえって人心に悪影響を及ぼし、法網をくぐって盛んに賭博を行うに至るがごとき危険を醸す恐れがあるから、今日いわゆる延べ取引すなわち空米相場はこれを禁止せず、公許するが政治上の好方便である」

 そして数年後に渋沢は突然、玉乃の来訪を受ける。

 渋沢「なんの用で来られたか」
 玉乃「実は今日、貴公への自分の不明を詫びるためにわざわざ出かけてきたのだ」
 渋沢「それは何のことか知らぬが、とにかく面白そうだから聞こうではないか。詳しく知りたい」
 玉乃「空相場の許否に関する貴公の意見が正しいことが今になって分かった。私も公許する意見になったから、これまでの自分が貴公の意見に反対した不明を陳謝したい」
 渋沢「そうか。それはうれしい。でもどうして従来の意見を一変するに至ったのか」
 玉乃「実は政府のお雇い学者として来日中の法律顧問、ボアソナード氏に論破されたのだ」

 フランスの法律学者ボアソナード(1825~1910)は「サイコロを転がし丁半の出方によって勝負を決する賭博と空米相場は根本的に異なるものである」と説き、玉乃はとうとう自説を撤回するに至ったという。

 玉乃「初め貴公の意見に反対したものとして、この宗旨替えを貴公に申し入れ、従来の不明を陳謝しておくのが順当であろうと考え、今日訪ねてきたのだ」

 資本主義の勃興期における明治青年の気骨と爽快さを物語るエピソードである。渋沢は賭博と相場の違いをくどいほど強調する。

「世の中に存在するものを目的物として契約するのだから決して禁止するべきものではなく、サイを転がして丁半の出方によって勝負を決する賭博とは全然その根本の性質を異にす。ゆえに延べ取引としての空相場は許可してしかるべきである」(渋沢栄一著「論語講義」)

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 10:27
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事