ここから本文です

次なるステップを求めるウーデゴール、レアルにうんざり

5/26(日) 8:50配信

SPORT.es

ノルウェー人MFマルティン・ウーデゴールはレアル・マドリーに今夏の移籍市場で自分を売却するよう提案している。

ラモスとペレスの関係性が悪化 !? レアル退団の可能性との報道も

ウーデゴールはローン移籍先のオランダで3シーズンを過ごしており、著しい成長を見せているものの、ジネディーヌ・ジダンの戦列に残ることを期待していない。

オランダ紙『De Telegraaf』のインタビューでウーデゴールはこのように語った。
「レアル・マドリーは頻繁に買い戻しのオプション付きで選手を売却する。それは1つの解決策になり得る。その他のオプションはローン移籍だが、全てはクラブの判断と他のクラブからの関心次第だ」

■次のステップ
ウーデゴールは自身の将来についてこのように認めた。
「僕は自分のキャリアにおいて次のステップを踏み出したい。何故なら僕はもっと向上したいからね。だけど、サッカー界は決して何が起こるか分からない」

アヤックスが彼の獲得に関心を示している事についてはこのように語った。
「僕達はマドリーの望みを聞く必要がある。そして、一緒に判断を下す事になるだろう」

またウーデゴールはブンデスリーガのクラブからも関心を寄せられており、オランダよりも競争力が高いドイツをさらなる成長が見込める場所と判断する可能性もあるだろう。

SPORT.es

最終更新:5/26(日) 8:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事