ここから本文です

維新と公明「大阪都構想」合意 来年秋にも住民投票へ

5/26(日) 15:13配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

いわゆる「大阪都構想」について、公明党大阪府本部は、賛成の立場で協力することで大阪維新の会と合意した。

大阪維新の会と公明党大阪府本部は25日、両代表が会談し、大阪都構想について、今後1年をめどに設計図をまとめることなどで合意した。

早ければ、2020年秋ごろの住民投票を目指すという。

公明党 大阪府本部・佐藤茂樹代表は、「われわれが当初予想していたよりも、維新への民意というものは本当に強い」と話した。

大阪維新の会・松井一郎代表は、「公明党さんと建設的な議論をして、(設計図を)1年をめどにまとめ、最終的には住民の皆さんに判断していただきたい」と話した。

公明党はこれまで都構想に反対していて、維新は衆議院選挙で対立候補者の擁立を表明していたが、松井代表は合意を受け、「公明党から要請があれば判断する」と話している。

(関西テレビ)

FNN

最終更新:5/26(日) 15:13
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事