ここから本文です

やっぱり超加工食品は確実に太る。アメリカ初の人体実験で明らかに

5/26(日) 20:13配信

ギズモード・ジャパン

カロリーが同じでも、超加工食品はモロに太ります。

「でも実数で示されたわけじゃないんでしょ?」と、今日もずるずる冷凍食品とレトルトをかごに放り込んでるそこのあなた! アメリカ政府が臨床試験で数値をばっちり出してしまいましたよ。今から説明しますね!

【記事の全画像】超加工食品は確実に太る。アメリカ初の人体実験で明らかに

超加工食品は栄養素が同じでも太る

超加工食品(ultra-processed foods)の怖さは、栄養素が同じでも、食事自体のカロリーが同じでも、違いが出ることです。ただ、みな経験的に知っているだけで、直接の因果関係はあまりよくわかっていません。食べさせて比べるのも限界ありますからね(お金もかかるし)。それが栄養学の世界ではずっと頭の痛い課題だったのだと、今回の臨床試験の論文主著者のKevin Hallさん(アメリカ国立糖尿病消化器病腎臓病研究所上級研究員)は米Gizmodoの電話取材に話しています。

『古の教えにもあるように、相関関係イコール因果関係ではないですからね。たとえば、超加工食品を食べる人に共通する不健康な生活習慣があるとか、低所得層だとかで、そっちが原因かもしれないわけで。超加工食品はたまたまその場にいただけで、なんの罪もないということだって十分あり得るんです。』

20人を1カ月見張って食べさせてみた

そこで研究班は健康体のボランティア20人を集めて1カ月、国立衛生研究所(NIH)メタボ臨床研究棟に収容して食事を与え、体の変化を観測してみることにしました。この種の臨床試験はおそらく史上初。寝泊まりは無料です。その代わり前半2週間が超加工食品なら後半は非加工食品、後半2週間が非加工食品なら後半は超加工食品、というのが条件ですね。どっちが先かは、ランダムに決めました。

ところで超加工食品って何?

実験結果のお話に移る前に「超加工食品」の定義ですけど、これも諸説あって切りがないので、研究班は食品産業の加工技術と食材の基準を定めた国連のガイドラインに従うことにしました。たとえば朝食はこんなメニューです。

◯超加工食品:パンケーキ、ソーセージ、ハッシュブラウン

米国ファミレス3種の神器。ハッシュブラウンは芋を千切りにして油で焼けば非加工だけど、朝からそれやる人は少なくて大体の人は冷凍チンです。

◯非加工食品:ブルーベリー、生ナッツ、オートミールのおかゆ

三温糖、はちみつに手が伸びるのはなぜ? お湯を入れるだけのインスタントじゃないのを使ったみたいですね。

見分け方のコツですが、Hallさんは、こう言ってます。

『超加工食品はポルノみたいなもの。定義は難しいけど、見ればわかる。』

写真入り全メニューはこちら。袋、缶、箱から出してすぐ食べられる出来合いのものが超加工食品、という感じですね。同じブルーベリーでも、市販のブルーベリーヨーグルトやブルーベリーマフィンは超加工食品、となります。

1/3ページ

最終更新:5/26(日) 20:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事