ここから本文です

Airbnbでバスルーム完備のコテージを予約したら、路肩のコンテナハウスだった…

5/26(日) 21:13配信

ギズモード・ジャパン

物は言いよう?

民泊サービスで最大手のAirbnbには、トラブルがつきものとの非難が絶えません。おもてなしの心で、とっても良い旅の思い出になったという経験もある一方で、残念なことに、ホテルや旅館のようなクオリティを期待して行ったら、あまりにも期待外れだったという話は枚挙にいとまがありませんが…。

【記事の全画像】Airbnbでバスルーム完備のコテージを予約したら、路肩のコンテナハウスだった…

イギリスからオランダへと旅をしたBen Spellerさんは、アムステルダムで体験したトンでも民泊を、自身のFacebookへとアップしました。Airbnbに掲載されていたその物件は、バスルーム完備のコテージという触れ込みで1泊150ドル。でもコテージがあるはずの場所に到着してみると、そこは道路の路肩!そして打ち捨てられたコンテナハウスを発見!おそるおそる中を覗くと、たしかにベッドと仮設トイレがあって、これが紛れもない予約した宿だったんだとか。

『事実とは異なったり、詐欺まがいの民泊提供者が、Airbnbにはびこっているのを、手をこまねいて見ているわけではありません。対策チームが、常に取り締まりを強化し、悪質なホストの追放に努めています。Airbnbを利用している旅行者は、世界で5億人を超えており、毎日200万人以上のゲストがAirbnbの民泊を活用しています。そのなかで、今回のような問題は、非常に稀なケースだということをお伝えしたいと思います。』

今回の詐欺的な民泊の問題が、AT5などのテレビニュースでも大きく報じられたのを受けて、Airbnbの広報担当者は、このようなコメントを出しています。すでに問題のホストはAirbnbから削除されており、Spellerさんには、利用料金が全額払い戻しされました。とはいえ、この同じホストは、アムステルダムで、ほかにも似たような民泊の提供を実施してきており、違法に放置されたコンテナハウスをめぐって、警察が捜査を始めたものの、いまだに身元すら特定できていないとされていますね。一部の悪質なユーザーのせいで、良質な民泊サービスを提供している人にまで、マイナスのイメージがついてしまうことだけは避けてほしいところです。

Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US [原文] ( 湯木進悟 )

最終更新:5/26(日) 21:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事