ここから本文です

「スアレスは100%の状態で大会を迎える」コパ・アメリカで日本と対戦、ウルグアイ指揮官が明言

5/26(日) 10:02配信

GOAL

ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督は、ルイス・スアレスがコパ・アメリカまでに復帰できると主張した。

Jリーグへやってくる可能性も?2019年に契約満了となるトッププレーヤーたち

今シーズン、バルセロナで25ゴールを挙げ、リーガ・エスパニョーラ制覇に貢献したスアレス。しかし、シーズン終盤に膝の手術を受け、25日のコパ・デル・レイ決勝バレンシア戦を欠場した。これを受け、ウルグアイ代表FWが6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカに出場できるか不安の声が上がっている。

2011年以来、3大会ぶりの優勝を目指すウルグアイにとって、エースのスアレスが欠場すれば大きな痛手。しかし、タバレス監督は6月16日に行われるエクアドルとの初戦に同選手が出場できるチャンスが十分にあると強調した。

「(スアレスが間に合うかの問いに)イエス。そう願っている。詳細を君たちに提供することはできないが、彼は我々に状態を適宜報告してくれている。復帰に向けてトレーニングを行っているから、大会が始まるときにルイスが100%の状態であると自信を持って言える」

「彼を焦らせるつもりはないが、彼はプロフェッショナルであり、しっかりと復帰に向けたトレーニングを行えている。だから、我々にとって非常に重要な彼がチームとともに最初から戦えると私は大きな望みを持っている」

ウルグアイは、初戦でエクアドルと戦った後、20日に日本、24日にチリと対戦する。

最終更新:5/26(日) 10:02
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事