ここから本文です

ワンピにも、ガウンにも。「カシュクール」こそ、パリジェンヌの最強アイテム

5/26(日) 22:25配信

ELLE ONLINE

パリジェンヌの夏のマストハブといえば、カシュクールのワンピースやトップス。ヘルシーかつ、ほどよくセンシュアルなムードを漂わせたカシュクールは、実はドレスだけではなくガウンとしても使える優れもの。そんなカシュクールのアイテムを、柄やテイスト別でご紹介。シティやバカンス先でも大活躍間違いなしのカシュクール、今夏こそ手に入れよう!

【フラワー柄】

おしゃれパリジェンヌたちの間で、カブリ率100%!

まとうだけで、たちまちパリジェンヌ度がアップする柄といえば、フラワープリント! ジャンヌ・ダマスをはじめ、カミーユ・シャリエールなど、小花をちりばめたカシュクールは、即パリシックを叶える万能アイテム。この夏一着は手に入れて、タウンユースや旅先で活躍させるべし。

「ソフィーディー」
レトロな色彩で、パリシックな着こなしを叶える「ソフィーディー」のトップス。袖もとやウエストのフレアが、フェミニンなニュアンスを漂わせて。

【シンプル・シック】

モード派は、洗練度アップのシンプルデザインを

インフルエンサーのモニカ・アインリーや、モデルのルイーズ・フォランなど、モードな装いで人気のパリジェンヌたちはシンプルなカシュクールアイテムをヘビロテ。ベーシックなカラーでも、ディテールやシルエットでモードに差をつけるのがおしゃれ上級者。

「ミラ オーウェン」
リネンの風合いが軽やかな、ネイビーのカシュクールワンピース。シェル風のボタンが目を引くアイテムは、切りっぱなしの裾などストリートライクなディテールもポイント。

【ストライプ】

クール派パリジェンヌの本命柄!

ジャンヌ・ダマスの姉、ルイーズ・ダマスや、インフルエンサーのルル・デ・セゾンなど、クール派パリジェンヌのお気に入りは、ずばりストライプ柄。女らしいカシュクールのデザインと、メンズライクなボーダー柄は相性抜群。すっきり見えるから、着やせ効果も絶大。

「ブラームス」
さわやかなブルーのストライプ柄を、キモノ風デザインのトップスに落とし込んだ「ブラームス」。細いリボンできゅっとウエストマークして、すらりとした印象に。

最終更新:5/26(日) 22:25
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事