ここから本文です

J1神戸 ビジャのゴラッソ含む4発でリーグ戦8試合ぶりの勝利!

5/26(日) 17:06配信

SPORT.es

J1リーグ第13節、ヴィッセル神戸対湘南ベルマーレの一戦が行われ、4-1でヴィッセル神戸が勝利を収めている。

ビジャが序盤の大決定機逃した神戸、横浜FMに完敗で危険すぎる7連敗

リーグ戦7連敗のヴィッセル神戸。長く暗いトンネルを彷徨い続けたが、この試合でバルサ化を図っていたクラブがついに息を吹き返した。

ヴィッセル神戸はイニエスタを欠く中迎えたこの一戦。
前半スコアレスで迎えた後半54分、右サイドの西からふわりと上げられたクロスボールに、ウェリントンが反応し待望の先制ゴールを挙げた。

72分、山口蛍からバイタルエリアにいたウェリントンへ。ウェリントンがヒールで三田へラストパスを送る。このボールを三田が左足を振り抜き追加点を挙げた。

続く76分には前半から果敢に攻撃を見せたビジャがゴール。左サイドで受けたビシャは1vs1を仕掛ける。 シザースで相手のリズムをずらすと右足で放ったシュートはファーサイドのゴールネットを揺らした。

そしてチームを離れていたポドルスキが77分、ビジャに代わってピッチへ入る。

85分、左サイドのポドルスキから、柔らかい絶妙なクロス。このボールに反応したのが、今日先制ゴールを決めたウェリントン。得意のヘディングでダメ押しの4得点目を獲得した。

89分、湘南ベルマーレも指宿が一矢報いるも及ばず。
ヴィッセル神戸が公式戦9試合ぶりに勝利を収めた。

SPORT.es

最終更新:5/26(日) 17:34
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事